ヘッダー

映画に出てくるような踊り子ストリッパーは日本にもいる?

ストリッパーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ここで言うストリッパーは特にタイやフィリピンなどでは有名な職業で、ストリッパーとして売れっ子になることができれば一般的な職業よりも収入が上がる可能性も秘めています。

実際にストリッパーはステージ上で水着などのセクシーな服装で踊るダンサーで、日本では職業としてはほとんど求人が募集されることがありません。

海外の場合はお店がいくつもあり、そこで国の全土から希望者が集まってきます。

タイやフィリピンでのストリッパーの給料は高いとはいえませんが、ショーでのチップやベイパーといって店外デートなどをすることで収入アップとなります。

つまり売れっ子になればなるほど収入が上がります。

ただ休日はほとんどなく、よほど仕事を楽しんでいる人ではないと続けられないほどです。

ストリッパーは年齢は実は幅広く存在します

そんなストリッパーは実は日本でも募集されています。

海外のイベントでも活躍することがある人気のグループで、普段は他の一般的な仕事をこなしている人が実際はほとんどです。

モデルや事務員、店員など様々な職業を持つ人達がイベントがある時に集まってきて皆で一つのステージをやりとげるのです。

そんな日本国内でのストリッパーはどんな求人の条件で募集されているのでしょうか。

条件はやはりまず見た目は重要となります。

セクシーでスタイルなどもカーヴィな女性、個性があること、お客さんへの美しさのアピール力があることなどはここでは必須と言える条件となります。

またダンスやパーティ、目立つことが好きな人もこのストリップのダンサーとして向いています。

ストリッパーに日本でなるためにはどうしたらよい?

応募に関してはダンス経験があるほうが良いとはされているものの、経験がなくても求人に応募することは可能です。

ストリッパーはエンターテイナーとしての部分が非常に大きいです。

しかし人数制限が設けられておらず、日本でも実力がある人であれば合格してストリッパーの1人として世界各国で行なわれているイベントに出る機会もありますからやりがいがとてもあります。

ただし募集では年齢制限は設けられています。

18歳以上25歳未満の独身女性であることです。

臨時でメンバーを募集することもありますのでチャンスは何度でもあります。

応募の時にはもちろん写真を添付する必要があります。

全身と顔が鮮明にわかる写真が必要になります。

本格的な技術を必要とするストリッパーの世界

アプリなどで加工した写真は当然使えませんから、日頃から写真うつりなどを勉強しておくのもストリッパーの一員として活躍できるためのステップの一つになります。

またストリッパーはステージ以外でも活躍する場が与えられることがあります。

例えば日本の有名なランジェリーブランドのモデルやテレビ出演などもありますし、世界的なビッグネームアーティストとの共演などの仕事もあります。

自分の活躍の場をひろげたいという方は求人に応募してみるのも楽しめるでしょう。

またステージごとに様々な衣装を着ますからオシャレが好きな方にとっても楽しめます。

DVDなどを出したりもしているので、自分がやりたいことへの足がかりになる可能性も秘めています。

ストリッパーは応募資格は見た目重視というのはありますからまずは自分磨きから始めるのがおすすめです。

そして同時にアピール力も磨くためには例えば国際的な活動に参加してみるのも良い方法です。

お客さんを相手に見せるものですから、接客業などを体験しておくのも良い経験となるでしょう。

メンバーに選ばれた場合に活躍する海外は韓国やシンガポール、マレーシア、インドネシア、台湾などのイベントやクラブなどにストリッパーは出演する場合があります。

毎日踊るストリッパーの給料や仕事は厳しい?

海外で活躍するということで英語力を磨くというのも魅力の一つとなります。

エクササイズでポールダンスなどをやってみるのもおすすめです。

求人はあまり見ませんが、ストリッパーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ストリッパーとはステージ上で水着姿で踊ることが仕事の若い女性達のことをいい、主に男性客がそれを鑑賞します。

フィリピンのストリッパーはとても有名です。

フィリピンの場合は1ドリンク付の入場料を支払い、日本でもストリッパーの中で気に入った女の子がいれば席まで呼んで一緒に飲んだり会話を楽しむことができます。

それではそんなストリッパーの給料はいくらくらいなのでしょう。

フィリピンの場合ですが、お客の入場料自体が安く、200円台で1ドリンクを飲みながら楽しむことができます。

世界的にもストリッパーは稼げている女性との差は厳しい

つまり、ストリッパーの給料もそれに見合ったものというわけで、高給取りというわけにはいかないのです。

この国では基本的に週給制となっており、1日8時間ほど働いても280円から300円ほどが彼女達の手取りとなっています。

ただしダンサー達はお客からのチップや同伴などをすることによって収入もアップしますから、それよりは少し収入は高くはなります。

チップなどはお客次第というのがありますから、ストリッパーをするのであればある程度愛想が良く、甘え上手な女性が向いています。

またタイにも同じくストリッパーはいますが、彼女達の給料も似たり寄ったりとなっており、さらにお店によっては、やはり、違いがあるものの、ノルマが存在している所もあります。

ノルマは月に最低でも2回はベイパーされなければいけないというものです。

ベイパーとはタイならではの言葉で、店外へ連れ出す料金のことをいいます。

日本ではお客と月2回は店外デートをしなければいけないというノルマがあるというわけです。

この求人にはないノルマが達成されなければ一定のペナルティーが収入分から引かれてしまいます。

ですから多くのストリッパー達はこのノルマをクリアすべく動いています。

劇場で踊る映画の様なストリッパーの日本での現実

ダンサーは女性だけではなく、男性のダンサーもいます。

そちらはまた専用のお店がありますので、女性客が訪れることも多く、それによって男女のお客が盛り上がっています。

タイの場合は、求人はわかりませんが日本人の観光客もたくさんいますから日本語を話せるスタッフがいたりもするので安心です。

日本国内の場合、ストリッパーの募集などをしている時がありますが、普段は別の職業をしていてイベントなどがある時にだけ集合してダンスなどを披露するというものもあります。

この場合の報酬はそのイベント次第となりますので決まってはいません。

また年齢制限なども設けられていたりします。

ストリッパーになるためには容姿以外にもダンスの練習も必要

海外の場合はアラサーのダンサーもいますが、日本の場合は18歳以上25歳未満までなど決められています。

またストリッパーに求められることも多いです。

例えば見た目のセクシーさやアピール力、パーティやダンスが好きである、ノリが良いなどの条件をクリアしている必要があります。

そしてノルマなどがあるわけではありませんので比較的自由に参加することができるのも魅力です。

そういう意味では自由度は高いです。

ストリッパーになる女性の出身は国全土にひろがっており、海外の場合はやはり外見の良い女の子は稼ぎが良いということでそういう仕事をする場合が少なくありません。

売れっ子になれれば全く収入が変わってきますから皆必死になって働きます。

あまり高くない時給だったとしてもお客の数が多ければチップも増えますし、レディドリンクのバックも高額となっていきます。

休みはあまりとることができませんが、それでも頑張る女性が多いのは子供を育てるためであったり、家族への仕送りをしている人もいます。

もちろん自分の生活を潤すためにしている人もいますが、ストリッパーは海外と日本では給料形態も違いますし、同じダンサーでも日本の求人とは少し違うといえるでしょう。

風俗バイト日払い求人~初心者、未経験も高収入が稼げる安全な選び方

このページの先頭へ