ヘッダー

正社員として働くと固定給で安定する

世の中には驚くほどいろいろな仕事があるものです。

男性なら、お金を稼いで高収入が狙える仕事を積極的に狙う人も多いのではないでしょうか。

この時、一般的に高収入求人と呼ばれる仕事には、いくつかの傾向があります。

そして男性も給料が良いということなら、成果報酬型の給料のところもとても良いでしょう。

正社員として固定給で働くメリットは?

これは主に営業職などで出てくるもので、正社員として雇用されても完全歩合制であり、自分が頑張って成果を出した分だけ評価されます。

もちろん風俗でも最低のお給料は基本給として支給されますが、それよりも歩合給や成果給というような形で還元され、収入も良くなります。

これは営業に多いスタイルで、積極的に行動すればするほどお給料が良くなります。

正社員でも収入が安定しない事もある

もちろん、ここにはノルマもありますが、それを楽にクリアしてガンガン成績をとっていける人なら、風俗バイトは更に高収入に繋がる傾向もかなりあります。

日払いだけでなく男性でも女性でもやりがいを感じている人は多いでしょうが、特に闘争心の強い男性はなおやりがいを感じるでしょう。

ちなみに、ネットでいわゆる高収入求人で一般的に出てくるのは正社員で固定給ではありませんが、一つの夜のお仕事です。

精神的に辛いことも多い正社員としての仕事

これは飲み屋さんやホスト、キャバクラのボーイなどというお仕事です。

一見すると華やかな仕事に見えるかもしれませんが、とにかくしっかり肉体労働ですし、風俗バイトでも中にはお酒を飲んで体をやられる人もいます。

とはいえ、例えばキャバ嬢を深夜に家まで送るドライバーだけでも簡単に高収入になる場合もありますし、またはホストとして人気が出れば簡単にゴージャスなライフスタイルを手に入れられる人もいます。

とはいえ、男性の場合は正社員としてフルタイムで働く人を募集しているところが多いのもまた事実です。

店の売り上げで正社員でも給料が変動する

もちろん、比較するとお給料がいいのは間違いありませんが、また実際にはいろいろな運営スタイルやシステムがあります。

また、中には風俗営業などに関わることもあるでしょう。

実は高収入求人サイトなどで男性の求人として一番多いのが、このような風俗店やキャバクラの経営の正社員などです。

とはいえ、このようなところが全て怪しいかというと、それはそうではありません。

安定した運営をしているところもありますし、正社員でも別に悪いところとは繋がっていないようなお店もあります。

責任もあり肉体労働も求められる正社員

男性の高収入求人というと最後にあるのは風俗ではなくガテン系でしょう。

これは工事現場などで実際に働き、とても多くの家や建物などを作ります。

肉体労働なので体がきつい時もありますが、学歴がなくても妻子を養っていける程度の高収入求人であることは間違いありません。

風俗での正社員は一般的には視線は冷たい

しっかり働ける上、資格を取ったり固定給の工事現場で必要となる免許を取得したりすれば、日払いでも高学歴収入の人にも負けない程度の収入になることもあります。

ボーナスなどは正社員でも期待はできない

体がきついので長く働けない、風俗は若い時だけという人もいる一方で、しっかり学をつけて大きく出世していけば、男性は現場監督になったり技術者として尊敬されるようになり、収入もそれに見合ったものになる場合も多くあります。

もともと求人もお給料がそれなりにいいので、出世した時の収入の高さには期待できるでしょう。

ひとつは、固定給の士業関連ですが、これは医師や弁護士、税理士など、一定の資格が無いとできない仕事に就業する場合です。

胸を張って世間的に風俗の正社員ですと言える仕事か?

これはとてもハードルが高く、また仕事の転職の際には必ず資格を持っていることが求められます。

正社員はシフトも不規則で休みが少ない

また、男性は経験が豊富な人を求めたり、より多くの資格を持っている人を求める傾向もあります。

ただ、少なくとも高収入求人であることは間違いなく、男性の風俗バイトや正社員は年収を1000万年を超えるものも珍しくはありません。

平均年収が高い場合、開業している人もいます。

風俗でのバイトではなく幹部候補の正社員のデメリット

まず、男性が風俗の幹部候補の正社員になる前にリーマンショックによる経済の急激な落ち込みを経て、民主党政権から自民・公明両党による連立政権が復活しました。

安倍首相が再び総理大臣に就任するや、「アベノミクス」を発動して大規模な金融緩和やTTPを推進した結果、日本経済はようやく復活の芽が出始めました。

風俗での労働市場も、団塊の世代の一斉退職の影響もあってリーマンショック前の水準を上回り、これがバブル経済時並みの有効求人倍率になっています。

シフトも給料も厳しい幹部候補の仕事の内容

このような経済情勢下ではありますが、男性の将来幹部候補を見据えた高収入求人案件は、そう中々見つけることができません。

この理由として明確なことは、現在の労働市場における求人内容が非正規労働者を中心とした案件であることと、また所謂「失われた10年」の間に、風俗バイトは日本の給与所得者の平均年収が下落していることがあげられます。

責任感やプレッシャーで辛い幹部候補

しかし、正社員やバイトとして、確かな実績と経験を積み上げて、どこの企業でも通用するスキルを持ち合わせている中堅社員は実は「引く手あまたの状態にある」ということはあまり知られていません。

これら幹部候補生として将来の自社を担う人材層は、やはり、どうしても男性を求める傾向にあります。

高い給料に騙されて幹部候補になって失敗した体験談

そして、このような高収入求人かつ幹部候補生としてバイトから募集する際、求人社側はリクナビネクストやエン転職などの一般的な求人サイトではなく、自社の募集案件や求める男性の幹部候補生を熟知したエージェント企業に募集と人材の選定を依頼するケースが増えています。

その理由として、日払いは男女雇用機会均等法の施行により、これは男性に限った求人が特定の理由がなければコンプライアンスに抵触してしまうことと、風俗バイト情報サイトに高収入求人を出してしまうと男女や年齢に関係なく数多くの応募者が殺到してしまい、募集サイトのスクリーニング機能を活用しても著名企業であればあるほど応募者が殺到するからです。

女の子の管理が難しい幹部候補の仕事

尾の様なジャンルであれば、男性の風俗での求人であっても、転職エージェントに登録している男性求職者から高収入求人の条件を満たす人材を選定し、幹部候補として更に紹介をして貰えるからです。

精神的にもキツイ幹部候補

もちろん、この場所には自社の望む人材が採用できた場合には、高収入求人であればあるほど、その人材の年収の3割以上を人材紹介料金として支払う必要がシステム上ありますが、自社で独自に採用活動をした場合に生じる、「高収入求人に引きつけられて応募する不特定多数の求職者の山」から人事部は解放されることになり、加えて書類選考結果の不採用通知に掛かる費用やネットでの通知のわずらわしさも生じなくなります。

辞めたくても抜けられない幹部候補のリスク

このように考えると、一見、これは登録サイトを活用することは高額な紹介手数料を支払うことになるので、導入に難色を示す求人社側の人事管理職も多いのですが、男性の幹部候補は日払いでも実際に自社で募集する際に掛かる人事採用担当者の負担や不合格通知の事務手続き上の手間も省けることになるのです。

また風俗でなくても派遣サイトに自ら進んで登録して積極的な求職活動を行ってる中堅層は、現在勤務する企業に何らかの正当な不満を持っている場合が多く、転職エージェント側のコンサルタントの目が確かであれば、その不満が正当なものであるか否かをきちんと見極めてくれることも期待できます。

幹部候補で給料を貰うと辞めれない理由とは

その結果、複数のバイトの情報誌を活用して、自社の高収入求人に適した人材を書類選考の段階で手間をかけることなく紹介を受けることが出来るのです。

もちろん、このようなエージェントを活用して将来の自社を担う、ここでは男性幹部候補者を高収入求人で募集しても、風俗バイトは本当に採用したい人材に巡り合うことは保証できません。

給料面ではかなり良い幹部候補

何故ならば転職活動や求人活動は、お見合いに似ている側面が大きく、男性の幹部候補の求人社側は「この求職者はこの先当社で長くずっと活躍して当社に利益をもたらしてくれるか?」をここでは考えるのですが、求職者側も「この会社は、社風が自分のパフォーマンスに対して正当な評価をしてくれるか?」を考えているからです。

新聞の三行広告のバイトは本当は怪しい?

男性が現在求人情報を見つけるときにおいては、求人誌の他インターネットを利用して三行広告を探すという方法があります。

風俗バイトはインターネットについては、求人情報を載せているサイトと体験すればわかりますがハローワークのネットの仕事情報に分けることが可能です。

これらの仕事情報以外にも、実は新聞紙に求人が掲載されているということがあります。

それに加えて、その新聞紙で風俗だけでなく男性の募集をかけている仕事情報に関しては条件の良い三行広告の募集というケースがここには存在しています。

そして高収入求人に関しては、インターネットを利用して探すということも可能となっています。

三行広告でも費用を掛けているだけましと言う考えもあります

とは言え、このようにネットが発達した社会においても新聞紙においての高待遇のバイトの情報を掲載しているのです。

新聞紙には、経済の他に地域での出来事そして海外の様子を報じている記事が掲載されています。

風俗バイトの男性はその他にも、新聞紙のページの中には三行広告の日払いの広告が載っているというケースがあり、やはり、それには理由があります。

様々な職種が三行広告にはあります

新聞紙を発行している新聞社の売上の方法として、三行広告は新聞の販売によるものと広告の掲載による広告料があります。

体験すると広告料については掲載をする紙面が大きいほど、やはり新聞社にとってはかなり利益になってきます。

この他にも、新聞紙には求人情報が掲載されていることがあり、男性に関しては便利な三行広告となっています。

実際に三行広告の会社に電話してみた体験談

三行広告による求人の案内は、新聞社と広告主そして風俗バイトも読者においてそれぞれ次のようになります。

新聞社にとって三行広告は小さいスペースをいくつも集めることによって、収入を獲得するという結果となります。

そのため、三行広告の求人の案内は新聞社にとっても収益源としての役割を果たしているということになります。

なお、新聞紙において掲載されている三行広告の仕事案内については男性向けの高待遇のバイトというようなケースがあります。

体験談では新聞紙に男性を対象とする高収入求人を掲載をしている風俗などの広告主にとっては、求人媒体という側面があります。

街中の情報誌よりも古くからある三行広告の良さは?

つまり、広告主が男性の労働者を募集するときにおいては新聞紙の三行の広告という手段となっています。

広告主が男性の日払いの労働者を求めるときには、短い文章で高収入求人の呼び掛けをしていきます。

短い文章で伝達を実行することにより、わかりやすさを確保するということができるようになります。

三行広告の募集に電話するとどうなる?

また風俗バイトは広告主からすれば、三行広告は小さいスペースとなるため掲載するための料金を安くするということができます。

この他にも、体験談を見ると新聞紙が全国を販売の対象としているときには事実上全国から風俗バイトで働く男性を募集するということになります。

三行広告にある風俗店が怪しいかどうか潜入してみよう

男性の中で高収入求人を探しているときに、新聞紙に掲載されている三行広告は体験すると次の通りとなってきます。

新聞紙が図書館にあり、その新聞に高い給料の仕事が掲載されているときには内容を確認することができます。

特に図書館にある新聞を読むときに必要な料金は不要のため、無料で読むということが可能です。

つまり、インターネットに接続をしていなくても良いバイトの条件の三行広告を探すことができるということを意味します。

また、風俗での求人を探している男性にとっても短い文章によってどのようなことなのかを、ここで新たに知ることができます。

三行広告の中でも有名な企業も沢山あります

というのも、短い文章でこなすためにわかりやすく書いていることがあるからです。

風俗バイトは男性に向けた時給が良い案件の三行広告を新聞紙で掲載することには、色々な側面を読み取るということができます。

新聞社にとっては収益を手に入れるための財源として機能するため、メリットとして作用します。

想像以上に三行広告の会社はクリーンであることが多い

広告主にとっては日払いの求人を伝えるための媒体として作用し、体験してみるとなおかつコストが安い方法となります。

そして求人を探す男性からしたら、仕事を見つけるための手段として働いているということになります。

これらのことから、新聞の三行広告には情報を伝える手段以外の役割を果たすことがあるということを指摘できます。

パソコンや技術職としても求められる正社員

もう一つは技術職ですが、風俗バイトでは特に近年成長が著しいIT業界で、固定給の技術者と呼ばれるプログラマーやシステムエンジニアなどが該当します。

この場合は経験豊富なことはもちろん、しっかりと長い時間働き、経験豊富な男性に任せられることが多いでしょう。

この場合、ポイントとなるのは入社している企業です。

最近の風俗の正社員はパソコンの技術も求められます

企業が有名なところなら年収1000万円程度はザラにいますし、日払いは特にアメリカ中心の外資系IT企業ならまず間違いなく高収入です。

求人も高収入求人が出ていることが多く、風俗でも経験はしっかり求められます。

目標があっても長続きしない正社員

何よりこのような場合は正社員なのは間違いありませんから、しっかり働ける人を求めていることが多いようです。

未経験者になると年収は格段に下がりますが、そこから経験を積んで大手企業で仕事をすることができる場合もありますよ。

また、固定給で管理職も高収入求人が多い仕事になります。

ネット関連の情報も風俗の正社員では必要になっています

これは一般的に課長・部長などと呼ばれる仕事で、男性なら特にまとめ役になるのは嬉しいことでしょう。

この時、少なくともその部下となる人達の仕事の経験や、これまでの業界経験が問われることが多いものです。

高年齢でもできる正社員の仕事

男性の管理職はハードですが、やはり高収入であることは間違いありません。

正社員としても待遇がよく、中にはしっかりとしたサポートが付いたり、部下の質がいいところもあります。

そういうところでしっかり手腕を磨けば、更に評価されて年収や待遇もより良くなるという正社員のコースもありますよ。

風俗バイト日払い求人~初心者、未経験も高収入が稼げる安全な選び方

このページの先頭へ