ヘッダー

コンドームを装着しても風俗経験があれば危険

コンドームを装着していれば、性病性病対策はバッチリと思っている方もいるものの、それは間違っている考え方です。

コンドームはあくまでも避妊具で、性病を防止するものではありません。

そして本番をしなければ大丈夫と思う方もいるものの、これも間違っています。

本番をせずとも、性病に感染する可能性は十分あります。

つまり、風俗遊びをするという事は、コンドームをしても性病に感染する可能性を大いに秘めている事であり、これを最初に理解しないといけません。

コンドームで全てを防げるわけではない

風俗遊びをされる際には、どういったジャンルの風俗店を選択するかで、性病に感染する予防の可能性は変わってくるものの、どのジャンルの風俗店の求人をここで選択したとしても、性病に感染する可能性はあります。

キスで感染する性病は、性器ヘルペスや梅毒です。

そしてオーラルセックスのだと性器ヘルペスや梅毒に加え、淋病や性器クラミジアです。

また、コンドーム着用でも素股や肌と肌の密な接触で移る性病は非常に多岐に亘っています。

ケジラミ症、梅毒、性器ヘルペス、HIV感染症、性器クラミジア感染症などはコンドームでもすぐには防げないのです。

本番行為が禁止の風俗店であっても、性病が蔓延しているのか理解できるはずです。

本番をせずともコンドームをしていても性病に感染する可能性は大いにあるものです。

コンドームを装着していれば安心は風俗では幻想でしかない

コンドームを装着すれば安心と思う方は考えを改める必要があります。

まず、コンドームを装着するタイミングを考えましょう。

本番行為が禁止されている求人にある優良なお店でコンドームを装着するとなると、フェラチオや素股をする時でしょう。

使い方を間違えるとコンドームは破れやすい

しかし、フェラチオや素股をする時には既に性病に感染している可能性があるもので、コンドームを装着すれば安心という考え方が間違っている大きな理由になります。

突き詰めると、肌と肌の接触であっても性病に感染する可能性があるという事を覚えておかないといけません。

最も性病に感染する可能性が高まるのが、コンドームを装着せずの本番行為となるものの、所謂オーラルセックスであっても十分に性病に感染する可能性があります。

コンドームはあくまでも避妊具であって、確実に性病を防止するものではなく、万能ではありません。

実はほとんどの場合でコンドームを装着する時には時すでに遅しという事を忘れてはいけません。

働く前に知っておくべき知識


風俗では口でする場合はコンドームを装着しないと危険

当然風俗嬢が全員性病に感染しているという訳ではなく、コンドームを活用して性病に感染していない方の方が圧倒的に多いです。

しかし、どのジャンルの風俗店で働いているのかといった部分はあるものの、出勤するたびに性行為をしている為、当然性病の病原体に増える機会は非常に多くなっていきます。

特に注意しないといけないのは、ハードなサービス内容の、ソープランド、デリヘル、ファッションヘルスの求人です。

また、回転率が高いジャンルの風俗店で遊び際にも注意が必要になります。

お店で検査費用を負担し、定期的に性病検査を風俗嬢に受けさせているお店もあるものの、ソープではコンドームの装着も基本的には自己責任で本人に任せているところがほとんどです。

いくらコンドームをしても風俗では性病が移るリスクが高い

そして、仮に月に1度のペースで性病検査を受けているとしても、検査の間隔が延びるなどして、性病に感染しているのが発覚する事が遅れる事もあります。

また、生ではなくコンドーム着用で風俗嬢にお客様から性病検査をしっかり行っているのかと聞いたとしても、当然どうであれ返答はバッチリです。

本当にその風俗嬢が性病検査を定期的に行っているかどうかは本人にしか分からないものです。

風俗遊びを頻繁にされる方は、様々な性病に感染している可能性はあるもので、自覚症状が出ない事もあります。

その為、安心して風俗遊びをする為にも、しっかりコンドームをしていても性病検査を受ける事を心がけるのが良いでしょう。

コンドームアリで風俗遊びをするという事は、性病に感染するリスクがある事を忘れてはいけません。

そして、風俗嬢は性病検査を行っており、だからこそ大丈夫だと思うのも間違っています。

風俗バイト日払い求人~初心者、未経験も高収入が稼げる安全な選び方

このページの先頭へ