ヘッダー

欲しいものをずっと我慢してきた貧困生活から抜け出したい

新聞だけでなくSNSやネットの2chでは貧困な女性の生活や実態が書かれています。

ここで言う求人に応募する貧困女子とは月の手取りが10万を切る女性のことを、ここでは指すのです。

風俗のバイトは短時間でかなり割が良いことに気が付く

最近では結婚をせずに一人で暮らす方が増えていますが女性の場合は男性よりも給料が少ない事が多くなります。 しかも、日払いのバイトなどの非正規雇用が多いためにこのようなことが起こります。

月額10万のボンビー女子の暮らしとはどのようなものなのでしょうか。

親御さんと一緒に暮らしているか方の場合は家に食費を少し支払うだけですので、それほどには急激には困窮することはありません。

しかし親元を離れて暮らしている貧乏な方の場合は安い賃貸に暮らさざるを得ないのです。

お風呂のついていないアパートなどを借りることもあります。

みんなと同じように貧乏でもブランド品が欲しい

貧困女子は家賃は10万円の手取りの場合は日払いでも、三万円程度になるのですが都会ともなると、風俗で働く前はかなりの貧乏なボロアパートでお風呂などもついてないために、毎日、銭湯に行かざるを得ません。

しかし、ここでは毎日入っているとお金がかかるので夏場などは洗濯機や洗面所で頭を洗う方もいらっしゃいます。

貧乏も人によっては、シャワールームを購入して自分の部屋に設置することもあるのです。

そして食事ですが外食をするときは大手の牛丼チェーン店などで並盛などを食べます。

能率だけを考えると普通の仕事が馬鹿らしくなる

お酒などはお金がかかるために欲しいものは買うことができません。

人によっては貧乏のために風俗バイトでも昼間は全く食事をしないこともあります。

服もリサイクルショップでバイトの求人で購入したものや贅沢したいと言っても、貧困女子はファストファッションのお店で激安のものを購入することがかなり多いのです。

心まで貧乏になってしまわないようにしましょう

病気になっても貧乏で医療費の支払いができない事からそのままということも少なくありません。

まだそれほど大したことがなければいいのですが、そのまま、ここに放置していて重篤な症状が次第に出てしまうことあります。

いくら頑張ってバイトをしても脱却できない貧困女子

ただ、こういった暮らしをしている貧困女子が不幸なのかと言えばそうとも限りません。

というのも、求人では見ない様な自分の好きな仕事をしている方もいるからです。

普通のバイトなら無理でも風俗なら早く稼げる

好きなことを仕事にしている方は趣味にお金をかける必要はありませんし、今もなお貧乏でも楽しみがお金になっているので、したくないことをお金のために我慢している方に比べれば精神的な豊かさがあると言えます。

ただ貧困で苦しむ女性の中にはやりたくもないことを我慢して頑張っているのにも関わらずお金が不足するということもあるのでこの場合は豊かとは言えません。

しかし風俗のバイトは2chなどを見てみればどのようにすれば楽しく貧乏な生活を堪能できるのかのヒントがあるので見てみるといいでしょう。

例えば、現状でどのような暮らしをすれば無理なく節約できるのかもわかります。

また同じような境遇の人がいると思えば自分だけでないと元気をもらえるはずです。

これから先も貧困で悩む貧困女子が急激に増加します

貧困女子という言葉が出たのは最近の事ですが、昔は貧しい生活にあえぐ貧困女子がいなかったのでしょうか。

全くいないということはありませんでしたが、たまには贅沢したい若い女性に関しては貧乏と言うことはあまりなかったのです。

ソープで働く若い方は、求人も市場価値があるためにいざお金に困ったときには風俗などで働いてお金にすることができました。

しかし最近では需要と供給のバランスが変わってきているのです。

男性が草食化したこともありあまり風俗に通わなくなりました。

貧困女子の求める側が少ないのに働く人は増えますのでどうしてもバイトの給料は日払いも下がってしまいます。

不況も関係していますが色々なところで貧乏の原因ができているのです。

やりたくない風俗でもお金が稼げるなら我慢できる

あと2chではシングルマザーになったためにこういった状況になってしまった方の話なども掲載されています。

全く養育費などはもらえず自分だけで子供を育てなければいけませんので毎日朝から晩まで働かなければいけません。

母子家庭の場合は母子加算がもらえるのですがそれだけでは十分に貧乏な親子二人で暮らしていけるとは限らないのです。

2chのような誰でも、風俗の求人情報に書き込みができる掲示板があれば生活が困難な女性の実態を知ってもら事が出来、政府にもそれを何とかしてくれるようにアプローチし働きかける事ができます。

ずっと貧乏で馬鹿にされてきた女性が一念発起した体験談

最近、月収10万~12万円ほどで一人暮らしをしている貧困女子が増えています。

特に風俗の求人は10代や20代中心に増えており、貧乏が度々テレビ番組でも特集されているほど話題になっています。

同じ労働時間なら風俗のバイトは何倍も稼げる

月収10万や12万円で暮らしていくには何事にも節約をする必要があります。

中には家賃2万円で風呂なしのアパートに住んでいる方もいますし、食費を月に1万や2万円以内に抑えて暮らしている貧困女子もたくさんいると言われています。

まず、日払いで働くボンビーの独身の女性が一番節約しやすいのが食費です。

値引きになる夕方を狙ってスーパーに買い物に行くよりも食料品は基本、まとめ買いをした方が食費を抑える事が出来ます。

麺類は買わず、小麦粉を買ってうどんやパスタを手作りするだけでも十分、食費を節約できますし、風俗で働かなくても工夫次第ではもっと食費を抑えられます。

多少の節約では貧乏からは脱却できません

食費を節約できる家庭菜園やキッチン栽培セットで野菜を育てるのもお勧めです。

ベランダで育てられるポット栽培やキッチン栽培セットは2000~3000円ほどで販売されています。

このようなものは2年~3年、繰り返し栽培できるので十分、元は取れるでしょう。

また、コンビニは便利ですが、貧乏はなるべくスーパーでまとめ買いするようにして肉や魚など多く入っているものを選び、小分けにして冷凍保存しておきます。

冷凍保存なら1ヶ月ほど持ちますし、野菜を茹でて小分けにして冷凍保存する事も出来ます。

さらに貧困女子は食費を節約するならネット通販の訳あり食品をまとめ買いするといいでしょう。

欲しいものを買うためにその日限りの風俗の仕事

訳ありといっても形が崩れているだけ、贅沢したい時にはケーキやパンなど端の部分を切り落とした訳あり商品で味は通常の商品と変わりません。

大量に入って2000円~3000円ほどで買えるのでスーパーで高くてバイトでは買えない食料品はネット通販の訳あり食品で探すといいでしょう。

野菜の皮は捨てず、干してきんぴらにして食べたり、貧乏な風俗のバイトの求人に来る月に1万円に抑えている貧困女子もたくさんいるようで、通常捨てるものを上手く利用する事でゴミを減らす事も出来ます。

お金を持っても気持ちは貧乏のままなら意味がない

また、貧乏な女性が節約しているのは食費だけではありません。

テレビやオーディオなどコンセントは元から外し、エアコンは使わない、節電グッズを使い、なるべく光熱費を抑えています。

風俗の求人に申し込むと、貧乏でもお風呂はシャワーだけで済ませ、ガスや水道代、水も再利用する事で毎月の光熱費を貧困女子もかなり抑えられます。

いつのまにか風俗のバイトにも慣れてどんどん当たり前になっていく

もちろん、食器を洗っている時、顔を洗っている時や歯を磨いている時もお湯や水は出しっぱなしにしません。

面倒に感じますが、このような小さな習慣を身につける事で少ない収入でも暮らしていけるのです。

他にもファッションや日用品はオークションサイトを利用したり、買取をしている中古のお店を利用する事も出来ます。

今は安定していてもいつ貧乏になるかわからない時代です

貧困女子は着なくなった服を買い取って貰って新しい服を買う、また、パーティーや結婚式に招待された時はレンタルのお店を利用しているボンビー女子も多いようです。

パーティや結婚式に着て行くドレスやバッグを持っていない場合は賢くレンタルを利用するといいでしょう。

ブランドショップやデパートで買うと10万円もするドレスもレンタルなら1万円ほどで手に入りますから、我慢せずに楽しむ事も時には必要です。

ただ、節約ばかりの生活では息が詰まってしまうでしょうから、貧乏な風俗のバイトは贅沢したいときに少しでも収入を増やす事を考えるのも貧困女子には必要です。

皆がやっているからと言う安心感で風俗をすると痛い目を見る

女性のアルバイトの掛け持ちもお勧めですが、今はスマホやパソコンがあれば日払いでもお小遣いぐらいは稼げる時代です。

初心者でも通信費やプロバイダーの費用ぐらいなら稼ぐ事は可能なのでパソコンやスマホを持っているのならすぐにでも始めるべきです。

無料で求人の登録できるものがほとんどで、貧乏からコツコツ稼いで月に5000円や1万円の収入を目指しながら生活費を節約して暮らすと余裕ができ、貯蓄にまわす事もできます。

ネット喫茶や掲示板に集まる貧困女子の行先は何?

いま貧困女子と言われる人々が増えているといいます。

貧困女子というのは20代以降の女性で独身で生活がカツカツな人をいうようです。

ネットで貧困女子と検索をしてみると、給与から、家賃を差し引いて、8万円以下だったら貧困女子だとありました。

8万円という金額で光熱費と食費や雑費、医療費などをまかなうとしたら、やはり貧乏はかなり厳しいものです。

何個も掛け持ちをするバイトの中の一つに風俗も

ただ、求人はあってもできないこともないようですので、そもそも贅沢したいと男性よりも女性のほうがコツコツと積み上げることに適しています。

収入が8万円としても他の手段で収入を得たり、日払いでも節約をしっかりして中には貯金などをしている人もいます。

貧乏を脱出するために働く学生は多くいます

自分の状態を貧困女子のブログなどで掲載している人がいるのですが、内容もとても面白いものも多いですし、記事も思わず、さすがといってしまいたいような節約術もあります。

ネットやブログ村といって、ブログを持っている人の情報がジャンル別に分類されているサイトがありますが、そこに貧困女子というジャンルもあります。

ランキングになっていて上位の人のブログを読むと悲壮感というよりも、頑張って生活をしている様子が記載されています。

友達にも内緒で貧乏を隠すために風俗でバイト

たとえば、自分の空いている時間にモニターや懸賞などに積極的に参加していたり、貧困女子がブロガーになって収入を得ている方も多いです。

さらにはこのような手段で、今月の臨時収入はいくらになっているという風俗のバイト求人から金額を教えている貧乏もいます。

貧乏が理由でなく風俗を仕事として選ぶ理由は?

最近のおすすめのサイトというのもあって、このサイトに新規加入することでポイントがいくらもらえるとか、いろいろ求人の情報をくれるので、節約をしようとしている人の助けにもなっています。

また、食べた野菜の種を取っておいてプランターで発芽させ、それで野菜を賄っているという貧乏な女子もいましたので、なんでもやってみるものだなと感心させられます。

さらにいまは、昔と違って100円ショップも豊富ですから、生活のなかで工夫をすれば結構楽しく暮らしていけるようです。

ただ、すべての貧貧困女子がこんなにもガッツがあるとは限りません。

みんなと同じファッションがしたいという劣等感を埋めるために

働きたくても体を壊してしまったために、贅沢したいと仕事を辞めざるを得なくなってしまっていて、風俗バイトは今は貧困女子になっているという人もいます。

ブログを通じていろいろな方がいることを認識させられます。

貧困女子の中では今の生活で余裕がなくて、つらいと感じる人も多いようですし将来に夢が見れないという貧乏も多いようですが、そこからの脱却は男性と知り合って共に生活をしていくことで、生活に明るさを見出していく人もいます。

年収のある程度ある人と一緒に暮らすことで、風俗バイトはお互いの負担も減っていくので、将来に明るさを見出すことができます。

ですから自分は日払いの貧困女子だから、男性と知り合うチャンスもないと塞いでいる暇があったらブログとかで交流を持つとかいろいろやり方があります。

ただ、いくら交流を持ちたいからといって、出会い系などで知り合うと、トラブルに巻き込まれるリスクも高まるので、相手のことをゆっくりじっくり知っていく事をしたほうがいいです。

貧乏じゃなくなっても豪遊する生活になれて辞められない

すぐに会いたいといってくる男性は要注意ですから、はじめは女性は自分の様子をあけすけに公開していかないほうがいいのです。

貧困女子は、社会的にもマイナスなイメージが浸透していますが、自分自身もあまり暗くなってしまうと、精神的にもつらくなるだけです。

ですから気持ちはいつも前向きにもって少しずつできるところから前に進むことをやっていくといいのです。

学費や奨学金の返済で貧乏になっている学生

そのためにも適度な運動をしてなるべく歩くなどして体力をつけることも、貧困女子には必要です。

体調を崩して寝込むということでは医療費がかかるだけですからまずは病気にならないために、求人は多いですが風俗バイトは体力をつけていくこともとても重要なことです。

世界的に見ても貧乏を抜け出す手段として風俗が選ばれている

イギリスやフランスなどのヨーロッパ諸国の多くは、歴史的に大地主や貴族などの富裕層が栄えてきた経緯があるため、非常に階級意識の強い文化があります。

例えば、日払いの求人でも贅沢したいと言ってもイギリスの場合には、同じ英語であっても、上流階級のエリートたちと労働階級の人々の言葉は異なります。

ヨーロッパやアジアでも貧乏な層には風俗が付き物

その人の話す言葉を聞けば、彼らの出身階級がすぐにわかるほどです。

一方で、日本にはこのようにあからさまな階級意識はありません。

貧乏から脱出するためには仕事を選ばない

方言やアクセントの違いで、その人の出身地方を推測することはできますが、言葉を聞いただけで、その人がどのような生まれ育ちの人なのかはわからないほどです。

もっとも、日本も戦前までは欧米諸国にひけをとらないほどの格差社会でした。

それが、戦後になって農地改革や財閥解体などの政策が実施され、徹底した平等主義や民主主義が行われた結果、この国は世界でもまれにみるほど不平等のない社会に生まれ変わりました。

戦後の改革を経て、日本には大地主などの富裕層がほとんどいなくなってしまったためです。

経済的に貧乏でなく豊かな日本でも今後は風俗は無くならない

しかし、最近の日本の女性の社会は、再び戦前のような格差社会に戻りつつある、と指摘する経済学者が急増しています。

日本型の終身雇用制度が崩壊し、企業では実力主義や成果主義の導入が行われた結果、風俗バイトは求人のように多額の報酬を手にする人たちと、低賃金の単純労働に甘んじる貧乏な人々が生じ、労働者の二極化が進んでいるためです。

しかし、マスメディアなどで格差が問題になるのは、ほとんどの場合が男性を対象としています。

手取りの給料が少なくて食べていけない保育士や美容師

夜の仕事を本業としている方もいれば、副業としている方もいます。

副業として風俗で働いている方の中には、求人に申し込むのは食べていけない学生の方もOLの方もいます。

そして保育士や美容師の見習いや研修の方も多いです。

この理由としては給料が低い事が大きいです。

食べていけない保育園の先生は公立ならば給料は安定して高いものの、ほとんどの方がそうではありません。

そして美容師の見習いや研修の方は満足ができるだけ稼げていないものです。

様々な理由でお金が欲しいからこそ、保育士や美容師の見習いや研修の方が副業として夜の仕事をしている事実があります。

実際に一人暮らしでは食べていけない保育士や美容師も

夜の仕事を本業としている方もいれば、食べていけない副業としている方もいます。

副業としている方が非常に多いのは、都合が良いというのが大きいです。

自分の都合で働く事ができて、本業の都合を考えられるのが夜の仕事です。

そして結果さえ残せば、求人は新人であっても十分満足できるだけ稼げるのも、やはり風俗のバイトの大きなポイントになります。

ほとんどの職業で、満足できるだけ稼ぐとなると、借金返済には数年もの時間がかかるものです。

結果を残す必要はあるものの、すぐに稼げるのは魅力的で、食べていけない夜の仕事をされる方の大きな理由になります。

そしてそもそもの時給額が高い為、仮に指名をあまり獲得できないとしても、副業レベルなら十分満足ができる方も少なくないものです。

週一回でも美容師や保育士も副業をしなければ食べていけない

保育士や美容師の見習いや研修の方の給料は決して高いものではありません。

食べていけない保育園の先生の場合は、公立なら公務員となって、十分に食べていけないことはなく満足ができるものとなるでしょう。

しかし、ほとんどの方がそうではありません。

風俗のバイトの求人はあっても満足ができるだけの給料ではないのが事実です。

そして夜の仕事を副業でするという選択をされる方も多いです。

時間もないし食べていけないから夜のお仕事へ流れる

保育士は夕方頃には仕事が終わる為、食べていけないため夜の仕事をしやすいというのも大きいです。

美容師の見習いや研修の方の場合は、まず給料は食べていけない薄給です。

そして見習いや研修の立場ではなくなっても、美容師は実力の世界であって、確実に稼げるかどうかは分からないものです。

見習いや研修の場合はまず満足できるだけ稼ぐ事ができません。

夜の仕事をする事で、お金の部分を補う事ができるのが大きいです。

そして美容師の見習いや研修の方は休みの日が不定期であって、風俗で働かなければ食べていけない自分の都合を優先できる夜の仕事の求人は都合が良い部分もかなりあります。

忙しくても食べていけないから保育士や美容師が夜のお仕事へ

本業として夜の仕事をされる方もいるものの、副業として夜の仕事をされる方は多くなってきています。

その求人に応募する理由は自分の都合に合わせる事ができるとともに、食べていけないのでその上でしっかり稼ぐ事ができるからです。

また、基本的には風俗や夜の仕事は余程問題がない限りは、採用となります。

その後に稼げるかどうかは別としても、基本的には採用となるのも都合が良いものです。

食べていけない保育士や美容師の見習い方が夜の仕事を選択するのは、それなりに理由があります。

本業の事を第一にして働けるのが大きなポイントです。

もちろん、夜の仕事は非常に大変なもので、稼ぐとなると努力もしないといけません。

食べていけない20代の研修時代に苦しくて辞めてしまう

しかし、本人の持って生まれたもので風俗で稼げている方も少なくありません。

稼げるかどうかはその時になってみないと分からない事であり、だからこそ夜の仕事は基本的に採用となるものです。

保育園の先生や美容師の見習いや研修の方にとって、食べていけないので、夜の仕事を副業でするメリットは大きいです。

食べていけない保育士や美容師の見習いとして稼げるお金では、生活をするのがやっとという方も少なくありません。

夜の仕事を副業でする事で、欲しい物を購入する事ができる事や遊ぶお金にする事ができます。

お金の問題で食べていけない保育士や美容師の見習いや研修を続けられないという方もいるでしょう。

となると、風俗でのバイトなど別の部分でお金を稼ぐしかないという事になります。

それが夜の仕事の求人であるという事です。

家事や育児が忙しいシングルマザーにとって好条件

最近は、ひとりで子供を育てるシングルマザーがたくさんいます。

中には旦那さんと死別というつらい経験を持つ女性もいるのですが、風俗バイトの多くは離婚をした人です。

そして求人にくるそのほとんどの人が生活をしていくために子持ちの主婦としてではなく、必死に働いているのです。

子育てをしながら会社に勤めるのはシングルマザーには難しい?

養育費をもらっていてもそれは子どもに必要な分で、30代で日々の生活が十分に行えるという額をもらっている人は少ないでしょう。

ましてや、これが養育費さえ、相手にもらえないこともあります。

今後もシングルマザーが働ける職種は限定されてきます

特に20代や30代などの夫婦が離婚をすると元夫の方もまだ給料が少ないという人がほとんどで、風俗バイトはなかなか元妻と子どもが十分に暮らせるお金を日払いでは出すことができないのが現状でしょう。

またもう少し年を重ねてから離婚をすれば今度は子どもが大きくなり、どうしても教育費などにお金がかかるようになるため、またシングルマザーはお金は必要となります。

シングルマザーは子どものため、生活のために日々頑張っています。

養育費や公的な補助があるとはいえ、バイトで働かなければ十分なお金がないというような人が、やはり残念ながらほとんどなので、30代でも小さい子どもがいる場合は大変でしょう。

子育てをしながら働くシングルマザー

また実の親が子供の面倒を見てもらえる場合は助かるのですが、風俗バイトも子持ちなら保育所などに預けないといけない場合は勤務に融通の利くところではないと難しくなってきます。

日曜や祝日が休みのところで、勤務時間は保育所が開園している時間内、また離婚をした後に子どもが急に病気になれば、休むこともできるという条件が前提となってきます。

そのような条件のところで主婦として生活をしていけるだけの、ここでは高収入求人のところを、30代のシングルマザーは風俗だけでなく探さなければなりません。

短時間で高収入だから忙しい主婦やシングルマザーもできる

正社員はバイトやパートと比べると年金や健康保険のことなどを含め待遇は良いですが、なかなか休みを取ることが難しくなります。

では、30代の子持ちのシングルマザーが子どもを育てながら働けるような風俗ではない高収入求人はどのようなところがあるのでしょうか。

育児と仕事の両立が難しいシングルマザー

看護師や薬剤師などもともと資格を有して働き続けている人はそのまま続けることができますが、結婚をしていた時は専業主婦で子育てだけをしてきた人が急に高い給料の求人の仕事を探して働くということはシングルマザーにとって大変なことです。

しかし離婚後はそのような人でも働けるような手取りが良い求人はどのような職種でしょうか。

主婦やシングルマザーの女性にとってのメリットはあるのか

以前は男性しか働かなかったような職場でも最近は30代の女性を採用しているところがたくさんあります。

電車の車掌やバス、トラック、タクシーの運転手なども女性が活躍していたり、風俗バイト日払いの工事現場などでも女性の姿が見られるようになりました。

時間やシフトがシングルマザーにとってのメリット

運転や力仕事が好きなら、風俗バイトは離婚をしてもシングルマザーの子持ちなら女性ならこのような仕事も給与の条件が良い求人としてあるでしょう。

シングルマザーにとってはデメリットも多い職種

また不動産関係の営業なども高収入求人としてあり、子持ちでも未経験でも採用してもらうことができます。

しかし風俗バイトではこれらのような仕事は休日に出ないといけないという難点があるので、また小さい子どもがいる母親の主婦の場合は難しいものがあります。

時間的にも短期間で稼げる方がシングルマザーには良い

そんなときは求人情報サイトなどを利用して調べるときに、「30代のシングルマザーも活躍中」などと謳われている職種を探し、風俗バイトやパートでも時給が高めのところをまずは探すとよいでしょう。

同じような離婚をした40代の立場の人たちが一緒に働けるということで働きやすいでしょう。

働いても貧困から脱出できないシングルマザーにとって

この職種の中でも工場は勤務時間がきちんと決まっていて気前が良いところが多く日曜祝日は休みの場合が多いので自宅でゆっくり子供と触れ合うことができます。

またそれほど給料が良い案件ではないとしてもシングルマザーにとって介護福祉施設などのデイサービスのスタッフも平日の日中だけの風俗バイト以外の仕事になります。

この場合は初めにヘルパーの資格をとることが必要になりますが一度取得すると後々有利です。

お金のやりくりが大変なシングルマザーにとっての仕事

子どもが小さいうちは離婚した後に、そのようなところで働いて、30代で教育費がかかる年齢になったり充分留守番ができるような年齢になってからもっと良い条件を望める主婦の少ない職場に変わってバリバリ働くことが子供のためにもよいことでしょう。

風俗の求人だけでなくシングルマザーは生活のために日払いで必死に働き、少しのことでやめたりはしないので優先的に子持ちを採用する企業もあることでしょう。

30代や40代の貧乏な貧困女子も風俗に流れている?

ニュース番組や新聞記事等で、リストラされた会社員のインタビューが行われることがしばしばありますが、こういったケースに求人を紹介されるのは、ほとんどが男性です。

これは、制作側のスタッフに貧乏な男性が多いという理由もありますが、制作者にも視聴者にも、一家の稼ぎ手は男性であってしかるべき、という潜在意識があるからでしょう。

今の世の中は、男女平等が進み、法律上は採用や昇進のうえで性別による差を設けることは禁止されています。

貧乏な独身の中高年の貧困女子が風俗でバイトする

従って、男性社員のリストラが問題になっている状況においては、当然ながらそれとほぼ同数か、日払いですとあるいはそれ以上の女性社員のリストラが進行しているはずですが、そうした事例はあまり問題視されていません。

これは、貧乏な男性が外で働いて妻子を養うのが当たり前であるという社会通念が未だに日本社会において支配的であるという事実を示しています。

時間とお金のどちらを取るかは悩みの種です

しかし、求人は実際には格差の拡大によって、より苦しい生活を強いられているのは、風俗バイトは貧困女子の方が多いのです。

貧困女子と呼ばれる人々が参加しているネット上の掲示板を見れば、彼女たちの実態がよくわかります。

貧困女子の多くは、貧乏な独身で、かつ親元を離れて一人暮らしをしている女性達です。

贅沢したい彼女たちは大抵の場合、派遣社員やパート等の非正規労働者で、築年数の古い木造アパートなどに住みながら、細々と質素な暮らしを営んでいます。

掲示板を見ると、正社員になりたくてもなれない彼女たちの苦悩がよくわかるでしょう。

年齢と共に貧困女子の働ける場所も限られてきます

貧困女子が正社員になれないのは、決して貧乏は彼女たちの自己責任ではありません。

日本は少子高齢化が進んでいるにもかかわらず、労働力が余っている状態なので、貧困女子たちは、風俗バイトはやりがいのある仕事に就きたくても、それを許されないのが現状なのです。

掲示板からは、仕事をしたいのに、働かせてもらえないという彼女たちの嘆きや苦悩が伝わってくるほどです。

日本社会は、いったん決められたルールを外れてしまうと、貧乏でも求人に再チャレンジの機会がほとんど与えられないという融通の利かなさがあります。

特に風俗で働く貧乏な女性の場合には、結婚や出産等、ライフステージの変化により仕事を辞めざるを得ない状況が生じやすいのですが、そこで一度退職してしまうと、再就職で正社員の職を得るのが困難であるという事実も、貧困女子の増加に拍車をかけています。

風俗バイト日払い求人~初心者、未経験も高収入が稼げる安全な選び方

このページの先頭へ